2021年、世界水泳の開催地が福岡に!

IMG_7376

おはようございます♪
「オリンピックまでにデザインの力で全国民をスポーツファンにしたい部」部長のAileenです!

昨日、2021年に開催予定の世界水泳選手権の開催地が福岡に決定しましたね!
2019年のラグビーワールドカップ、そして2020年の東京オリンピック・パラリンピックに続く、
2021年の世界水泳選手権! なんと3年連続日本でスポーツの世界大会が行われます!
そして、ラグビーと世界水泳は福岡での開催!

マリンメッセ福岡で競泳とシンクロが実施しされ、飛び込みは福岡県総合プール、水球は
福岡国際センター、オープンウォーターは福岡ボートレース場とのこと。
投票前のプレゼンでは、この約半径1キロ以内に主な競技会場を集中させるコンパクトな
大会運営をアピールされたようです。
2001年の福岡大会から2度目の日本での開催!そして、そこが福岡であること!
福岡で生まれ育ったわたしは、とても嬉しいです!

2001年以降、シンクロや水球のドラマなども人気となり、さまざまな世代に水泳のファンも
多いのではないかと思います!
あと3年後に迫った、日本での世界大会ラッシュ!

これから、もっともっとたくさんの方にスポーツを好きになってもらい、3年後にはみんなが
日本、そして福岡で、笑顔でスポーツを楽しめるよう、わたしもがんばりたいと思います!!

これからの盛り上がりにワクワクしますね! ♪